トップページへ戻る > アロマセラピーに関する法律

アロマセラピーに関する法律

アロマセラピーを趣味で始める人が知らずに法律に接触している可能性がいくつかあるので覚えておいて下さい。

・ 医療行為を行っている
これは医師免許がない人が症状を聞きそれに合せた精油でマッサージを行ったりお金を取ると医師法、あん摩マッサージ法・薬事法違反となります。
お金を取らない奉仕(ボランティア)なら商いではないのでセーフです!
・ 〜に効く、〜が治る!と他人に勧めている
現在、日本では精油は厚生省の認可を受けていません。
手作りのアロマ石鹸、化粧水などを「肌につやが出来るから」などと言って販売する事は薬事法違反となります。
どうしても他人に薦めたい場合はあくまで金品を受け取らない贈呈品で差し上げて下さい。
・ 火気扱いという事を忘れている
精油は揮発性、つまり火災の元です。趣味として個人が精油を所有する分には問題ないですが、万一大量に保管する場合は消防法に引っかかる可能性があるので事前に役所や消防署に相談したほうがいいです。
・消費期限・成分・取扱説明書の添付忘れ
お店経営や個人輸入で小分け販売している方以外は縁がないと思いますが念の為...PL(製造物責任)法もそうですが最近偽装商品など騒がれているので精油やアロマグッズを取り扱い販売する方は製造元・成分・商品の不備など万全のチェックを徹底して下さい。

アロマセラピーは身体を触ったり健康面に影響を与えるので法律関係なく常に思いやりの心で健康被害に気を配りましょう♪

関連エントリー

美顔器一覧
スリムセラ
エスティーナソニック 980円
ビューティーレーザー890
美顔器について
イオン導入
化粧水の値段も考える
ディープクレンジングも必要
生理前と生理後
化粧のノリも変わる
自宅で美顔器を使う
自分に合ったモノを選ぶ
精製水を使おう
美顔器のジェル
導入の素晴らしさ
肌には合うの
ニキビ対策
ビューティーニュース
痩身エステ初体験!
アロマテラピーを気軽に楽しむには
ラベンダーで癒しの時間を
アロマセラピーを扱うお仕事
アロマセラピーに関する法律
アロマセラピー検定、独学でも大丈夫?
冬の乾燥には保湿対策
大人の吹き出物ができたら
痩せすぎは心配です
痩せすぎるのは、やめておくべきです。
身長マイナス130?
やせ型体型だった子供の頃
バランスが良いのが一番綺麗
痩せすぎの体型の人を見て思う事
アンチエイジング化粧品には効果があるものとないものがあります
ダイエットに適した季節について思うこと
鼻がムズムズして喉が痛くなります。
SPF50+PA++++の日焼け止めクリーム
季節の変わり目に気になる症状といえば
アトピーだったので無添加を選びます
お風呂ではリラックス&マッサージで一日をリセット
エステ情報
エステは癒しの場
敷居の高いエステ
脱毛エステサロンの施術スピード
10万円あったら美容皮膚科に駆け込みます
新垣結衣ちゃんは相変わらず可愛い
運営者情報
プライバシーポリシー・リンクについて
健康リンク
筋力アップで健康的に痩せる方法
ヨドバシ
トオシバ
Copyright (C) 人気美顔器ランキング【しみ、たるみ対策!】. All rights reserved